このエントリー
をはてなブックマークに追加
published on in DNG
tags: DNG TIFF RAW

DNG 画像のフォーマット (コンテナ編)

DNG 仕様書

Adobe DNG ヘルプにリンクがあります。

TIFF Compatible
DNG is an extension of the TIFF 6.0 format, and is compatible with the TIFF-EP standard. It
is possible (but not required) for a DNG file to simultaneously comply with both the Digital
Negative specification and the TIFF-EP standard.

TIFF のフォーマットを用いて、新たな DNG 用タグを追加する方式です。 例えば、ImageMagick に TIFF として読ませようとすると。以下のように知らないタグの警告が出ます。(DNG として読ませようとすると PNG に変換して identify するので駄目です)

尚、ExifTool は DNG のタグに対応しています。

尚、GPSInfoの座標は神奈川県の相模原公園です。

編集の設定値

Lightroom や Photoshop で”現像”する際に、色温度やホワイトバランス、露光量等を指定できますが。保存時のダイヤログを見ると DNG 自体に設定値を保存するようです。

Lightroom で編集して実験してみます。

さて ExifTool で DNG タグを確認。

確かに値が書き換わってます。

History タグ

Lightroom で誤って JPEG 画像を指定して DNG 出力してしまった場合、このタグに記録が残ります。

便利ですね!